法定後見制度とは

つくば市,つくば,茨城,弁護士,弁護士事務所,相続,遺言,遺言書,茨城県,相続税,贈与税,資産税,遺産相続,遺産分割,相続対策,相続税対策,相続相談,相続税相談,事業承継,経営承継,成年後見,相続人調査,相続財産調査,法律,相続問題,遺産トラブル,労働問題,不当解雇,残業代請求,裁判手続,財産分与,法律相談,法テラス,損害賠償請求,つくば市,つくば,茨城,弁護士,弁護士事務所,相続,遺言,遺言書,茨城県,相続税,贈与税,資産税,遺産相続,遺産分割,相続対策,相続税対策,相続相談,相続税相談,事業承継,経営承継,成年後見,相続人調査,相続財産調査,法律,遺産トラブル,労働問題,不当解雇,残業代請求,裁判手続,財産分与,法律相談,法テラス,損害賠償請求,弁護士
法定後見制度とは
法定後見制度

「法定後見制度」は認知症や知的障害・精神障害などにより判断能力が不十分な人を対象としている制度。すでに認知症等によって判断能力が低下した人のための制度です。

どんな時に利用できる制度ですか?

法定後見制度はこのような場合に利用できる制度です。

●相続人に判断能力が不十分な人がいるため、遺産分割協議ができない
●父の入所費用を父の口座から払おうとしたら銀行から成年後見人を立ててと言われた
●一人暮らしの母が最近悪徳商法などの被害にあっているようで心配だ
●認知症の父の不動産を売却して入所費にあてたい
●施設にいる母の年金を家族が使っているのでそれを止めたい
●寝たきりの母の面倒を見ながら財産管理について兄弟から疑われているようだ


法定後見制度の種類

法定後見制度は本人の判断能力に応じて、後見・保佐・補助の三つの制度があります。大まかには以下のような流れでそれぞれの後見制度の利用が決まります。
また、家庭裁判所への申し立てには医師の鑑定が必要となります。
上記後見・保佐・補助のどのケースに該当するかを面談によりご相談しながら最終的に申し立ての方針を決めていきます。
Share by: